Top > クエストアイテム > ヴィダス文書(写し)
HTML convert time to 0.003 sec.


クエストアイテム/ヴィダス文書(写し)

Last-modified: 2008-08-23 (土) 18:03:56

……村近くの森に妙な女が住みついた。
シャマランと名乗っている。
五勇者の一人と同じ名だが、まさかな。
噂では怪しげな術を使うらしい。
馴れ馴れしく村人に声をかけている。
村の長として放置はできん。
使用人に探らせてこよう。


注釈 ぺぺ
  前回の大災厄が阻止されてから、
  かなり後のことらしい。
  シャマランは魔法による奉仕活動を
  始めたようじゃな。


……あの女の人気が急上昇している。
危険だ、このままでは私の地位が危うい。
このウィルノアが乗っ取られてしまう、
あの魔女に。
魔女? そうだ、魔女に違いない!


注釈 ぺぺ
  シャマランは全くの善意だったろうが、
  裏目に出たな。
  五勇者はこのときすでに伝説。
  誰も本人だとは思わなかったろう。


……やはりあの女は魔女であった。
ファンブルグから呼んだ研究員によれば、
間違いなく勇者とは別人とのこと。
王宮所属の研究員だから、これは王国が
認めたということだ。
すぐに排除せねばならん。
もちろん、私が悪人にならない形で。


注釈 ぺぺ
  この研究員も罪なことを……。
  しかしまあ、まさか勇者が不老不死化
  しているとは普通は考えまい。


……噂を流した。
あの女の術は、闇の力によるものだと。
やはり村人も変だと感じていたのだろう、
あの女を訪れるものはいなくなった。
今夜ですべて終わりだ。
村の広場には傭兵を加え、村の者たちが
思い思いの武器を手に集まっている。
これを書き終えたら、号令をかける。
夜が明ければ、元の平穏なウィルノアだ。


注釈 ぺぺ
  平和になれば、強大な勇者の力は
  人々には脅威としか映らん。
  皮肉なことだ。

  なお、この文書は自動的に消滅する。